大阪で成年後見のご相談なら大阪後見相談センターまで。年間実績50件以上、セミナー講師も務める経験豊富な司法書士が訪問・出張致します。

訪問・出張してのご相談承ります

大阪後見相談センター(任意後見・成年後見)

大阪市北区西天満5丁目1−3 南森町パークビル3階 司法書士森田事務所

・大阪市営地下鉄 南森町駅1番出口 徒歩3分
・JR大阪 天満宮駅 徒歩5分

平日9時30分から18時

お気軽にお問合せください

お電話お待ちしています

06-6311-5566

トップページ

認知症による成年後見のご相談の方、
お任せください。ご訪問・お伺い致します!

代表の森田 智夫です。

こんにちは。

大阪後見相談センター(任意後見・成年後見)の代表・司法書士の森田 智夫です。

最近、こんなご相談が増えております。

  • 父が認知症で銀行預金が引き出せない
  • 認知症の母所有の自宅を売却したい
  • 子供に不動産などの財産を管理させたい
  • 将来1人暮らしになってしまうと不安
  • 亡き父の相続手続きで母が認知証だ
  • 障害を持つ子供の今後が心配だ

仕事をしていて思うことは、高齢者の方又はその親族の方々のお悩みは年々増加の一途にあるということです。私がこの仕事に就いた約10年前に比べても大きく変わったという実感ですね。

 年齢を重ねると認知症になることも多く、皆様が今後抱えるであろう問題と言っても過言ではありません。にもかかわらす何処に相談すればよいのか分からなかったというお声を頻繁に聞きます。

 私は、司法書士として相続や遺言の手続きサポートをこれまで多く行ってきました。しかし相続よりもその前段階である老後の生活の問題でもお役に立てるべく、今回「成年後見・任意後見のご相談窓口」として当センターを設けることに致しました。

どのようなご相談でも構いません。差支えなければどちらでもお伺いいたしますので、お話をじっくりと聴かせてください。相談されれば少しかもしれませんが、気が楽になりますよ。

最近は、高齢になった一人暮らしの親のことで心配なさっている相談が増えていますね。これからは、不安や心配なことについて備えておく時代なのでしょう。ご相談、お待ちしております。

無料相談会のお知らせ:場所は当事務所 

   5月25日(水)午前10時~19時 (1時間程度 事前予約制)

  5月28日(土)午前10時~19時 (1時間程度 事前予約制)

 その他の日時を希望される際は ご相談ください。

  電話 06-6311-5566 にて予約ください。

  「ホームページを見ましたと」お知らせ下さればご案内します。

 

成年後見制度(法定後見制度)とは?

もの忘れがひどく記憶が・・・。
 

  親族が認知証等になってしまい判断能力が低下した場合、そのままでは悪徳商法に巻き込まれたり、高価なものを買わされたりして権利や財産を損ねるリスクが高くなります。悪徳リフォーム詐欺などお聞きになったことがあると思います。

 これらを防止すべく頼りになる正式な代理人(後見人)として本人ために権利の保全や財産の管理を行うためのもので弱者保護の制度です。
本人の判断能力のレベルにより成年後見、保佐、補助と3種類あります。
 家庭裁判所に申立を行い後見人等(親族や専門家)が選任され、家庭裁判所の監督下で本人のために主に財産の管理を行います。

 

任意後見契約とは?

私の代わりに銀行に行ってね・・。

 任意後見とは、現在認知症等ではなく判断能力に問題はないが将来的に認知症になった場合、預金や不動産などの財産の管理を任せる人をあらかじめ決め契約しておくことです。

 認知症になる前に公正証書による契約という点で前記の成年後見制度と区別されます。認知症になった後には家庭裁判所に申立て任意後見監督人(弁護士や司法書士)が選任され任意後見業務が開始されます。

 また、財産委任契約(認知症になる前の財産の管理契約)を同時に締結することで、すぐに本人の受任者として銀行窓口で代わりに取引ができる点でよく利用されます。高齢になりますと歩行が困難になることが多いので助かりますね。

 何よりも自らが決めた信頼できる人に事前にお願いしておく(委任しておく)とこれからの生活が安心ですよね。

 

当事務所の特徴

後見制度・任意後見契約の専門家です

 当事務所の代表、森田 智夫は成年後見制度や相続の専門家です。相続問題を含め年間6~10本の成年後見に関するセミナーを、某電鉄会社等の関係各所のご要望にお応えする形で開催させて頂き、個別相談に応じて問題解決に取り組んでいます。

 

丁寧・真摯に対応いたします

 可能な限り、差支えなければご自宅にお伺いして、直接・じっくりと丁寧にお話を聞きすることを、何より大切にしております。

 ご家族が認知症になってしまった方、認知症の傾向がみられる方、ぜひ、いろいろとお聞かせください。皆さまに開かれた相談窓口になれることを心がけております。

様々なケースに対応可能です

 親族が認知症になり後見制度を考慮される方に関しましては、遺言や相続といった事柄も併せて、ご相談に乗っております。預金の問題、不動産の問題、相続の悩み・・・・。

 こうしたデリケートな問題を一つ一つ丁寧に解きほぐして、法律や手続きの側面から、総合的にサポートいたします。お気軽に当事務所にご相談をお寄せください。

実例 こんなことがありました。

母が認知症で入院、亡き父名義の不動産を売りたい

亡き父の自宅を売却したい・・・

Kさん (大阪市)

Kさんは当初 亡き父名義の不動産を売却するため相続登記(名義変更)をお願いしたいとのことで相談に来られました。話を訊きますと相続人の一人であるKさんの母が重度に認知症とのこと。母は判断能力が欠けているため、遺産分割協議を行うには母の成年後見申立が必要でした。

そこで、母の成年後見人としてKさんが候補者となり家庭裁判所に申立を行いKさんが選任されました。その後、特別代理人の選任手続きをし無事に遺産分割協議を行い登記や銀行預金の相続手続きができました。

この事案では、手続きが段階的で数ヶ月程度の時間がかかりましたが個々の手続きはスムーズに完了したと思います。

高齢化のため相続人が認知症という事案が増えています。

 

サービスのご案内

ご家族の認知症等の発症により意思能力が欠けている本人のために不動産や貯金の管理などを行います。

認知症ではないがその恐れのある方で予め準備をしておきたい方。銀行に自分の代わりに行ってほしい 一人暮らしが予想される方。

お役立ち情報 こんなことでお悩みではありませんか?

夫が亡くなり一人暮らしをしていますが子供もいないしこれからが不安で・・・。

詳細はこちら

母は介護施設で生活するので自宅を売って資金にしたいが認知症がすすみ会話も難しいので・・・。

詳細はこちら

父の預金を引出そうとしたところ、銀行窓口で本人でないのでと断らた。

詳細はこちら

大阪後見相談センター(任意後見・成年後見)のご紹介

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら 

06-6311-5566

      司法書士森田事務所

受付時間:平日9時30分から18時
休業日:土日祝(ただし、面談等は応相談)

   お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

06-6311-5566

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

   アクセス

06-6311-5566

住所

〒530-0047
大阪市北区西天満5丁目11-3 南森町パークビル3階
 司法書士 森田事務所

・大阪市営地下鉄 南森町駅1番出口 徒歩3分
・JR大阪 天満宮駅 徒歩5分

営業時間

平日9時30分から18時

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

休業日

土曜日・日曜日・祝日
(ただし、面談等は応相談)

お気軽にご相談ください。